口コミを賢く活用!二重整形でキレイを実現【施術はとても簡単】

理想の瞼をつくる方法

医者と看護師

特徴をしっかり覚えよう

二重整形には大きく分けると埋没法と切開法の二つに分かれます。この二つの施術方法には大きな違いがあるので、ぜひしっかり覚えましょう。まず埋没法はメスを使用せずに二重を手に入れることが出来る施術です。医療用の極細の針と糸を使用し、瞼を数箇所留めて行きます。切開法よりも腫れが少なく、2〜3日程度で大きな腫れが無くなります。1週間程度で徐々に安定した二重ラインが出来てくるでしょう。また、もし仕上がりに満足が行かない場合、糸を取り除けばまた元に戻すことも可能です。施術も10分程度と短く、初めて美容整形を受けると言う人にもおすすめの施術になっています。切開法はメスを使用して切開し、縫い合わせて大きな瞳をつくる方法です。切開と同時に余分な脂肪や皮膚も取り除くことが出来るので、瞼が腫れぼったい人でも安定した二重ラインをつくることが出来るでしょう。施術後1週間程度は腫れが強く出てしまう場合もありますが、1ヶ月程度で腫れも落ち着いてきてぱっちりとした大きな瞳をつくることが出来ます。切開をするので、元に戻すことは難しくなってしまいますが、埋没法の様に元に戻ってしまうリスクが少なく、永久的に二重ラインを維持することが出来るでしょう。埋没法も切開法もどちらも特徴があります。口コミなど参考にしながら実際に施術を受けた人の声も参考にしてみましょう。口コミサイトにはクリニックの雰囲気やドクターの印象なども詳しく書かれている場合もあるので、気になるクリニックの口コミも事前にチェックすることをおすすめします。埋没法も切開法も二重をつくることが出来ますが、デメリットもあることをしっかり覚えておきましょう。例えば埋没法の場合、瞼に脂肪が多く厚みがある人や瞼を良く擦る人は向いていません。脂肪が多かったり擦ったりしてしまうと埋没法で埋め込んだ糸が緩みやすく、何年か後に取れてしまう場合もあります。切開法はダウンタイムが埋没法に比べると長く、スケジュール調整が大変な場合もあるでしょう。それぞれの施術の違いをしっかり覚えて、より自分に向いている施術を選ぶことが大切です。また、クリニックを選ぶ時もきちんと口コミなど参考に慎重に選ぶ様にしましょう。クリニックによって行っている施術の種類やドクターの技術力に違いがあります。例えば埋没法であれば糸の留め方一つでもクリニックによって異なるので、実際に施術を受けた人の口コミなど参考にしながら、取れやすいのか取れにくいのか事前に調べておきましょう。また、二重に整形をする場合、希望通りの二重をつくることが出来るかはドクターの腕に掛っています。きちんとカウンセリングを行い、シミュレーションした通りのラインをつくることが出来るかは、ドクターのこれまでの経験が活かされる部分です。その為、ドクターのこれまでの実績など参考にしながら、熟練の腕を持っているドクターなのかを調べておきましょう。美容整形の中でも二重整形は一番人気が高い施術です。その為、口コミ数も大変多くあるので、色々な情報を入手することが出来ます。施術を受けてから後悔しない為にも、事前の下調べを念入りに行いましょう。

Copyright© 2018 口コミを賢く活用!二重整形でキレイを実現【施術はとても簡単】 All Rights Reserved.